磨き傷対策:光を取り入れた歯磨き法

歯磨きが苦手で、歯医者へ行くと歯磨きの仕方の指導を受け続けていた私。

50歳を境に、口のなかの環境が大きく変わり、

日頃の努力も空しくで改善できず悪化。

 

♡磨ききれていないという事実

30代 奥歯の磨き残しに悩まされる。

40代 仕事中心の生活。ストレスから歯の食いしばりをやめられず

50代 とうとう大事な、もう二度と戻らない歯が1本抜けました。

 

♡部分入れ歯

抜けた歯の位置は、ぱっと見、目立ちにくい右側の奥から2番目。

長年正しいブラッシングができなかったことと、

やめられなかった歯の食いしばり、それらが原因で歯周病となり、

歯周病から歯の骨が溶けたのでした。

その後、部分入れ歯にしました。着け心地良く違和感もありませんが

このままの磨き方では、あと2本位は歯が抜けるかもとの事でした。

 

♡歯磨き歯周病改善計画

-----------------------------------------------------------------------------------------

≪正しい歯磨きとは≫

歯と歯茎の境目、歯と歯の間、それらに軽い力で歯ブラシの毛先を表面にあて

小刻みに動かす(1か所20回程度)

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

一般的な歯磨き指導だけでは限界を感じた私。

口のなかがどのような状態なのか調べることにしました。

 

鏡を使って口のなかを見てみると、手前の歯と歯茎の様子は分かりますが

これでは肝心の口のなかの奥の様子は分かりませんでした。

 

太陽光

太陽の光を取り入れた場合は手前側の半分が見えました。

今回入れ歯にした真下にある歯に異常が見られ、

多少のぐらつきと、歯茎下がりに似た磨き傷を発見。

 

懐中電灯

お医者さんのマネをして今度は懐中電灯を使って口のなかを確認。

そうすると全体が見えるように。すると、先ほどの磨き傷とは違い

目立ちませんが、歯茎に細かな傷を数か所発見。

歯が抜けたショックから、磨く時にいつも以上に力が入っていたようです。

 

♡光を取り込む磨き方

歯磨き前に、懐中電灯の光で口のなか全体を把握。

磨き傷のあるところは避けブラッシングをすることで、その傷がなくなり、

傷がなくなったタイミングで歯磨き再開。しばらくは磨き傷もなく順調なのですが

油断すると、他の箇所に磨き傷ができ、そこを避けて磨く。

今はこれを繰り返している状態。

 

♡まとめ

磨き方のクセは治りそうにありませんが、歯磨きをする時は

光を取り入れると良いという結果でした。

私としては大きな決断でしたが、50歳にして転職を経験。

それとともにストレスも軽減され歯の食いしばりも激減しました。

 

防犯を考える:不審なマークに気をつけよう

苗字だけですけど、以前まで表札出してました。

50代になって、突然防犯意識が芽生え、

家の周りを点検する活動を開始。

すると、表札周りに不審なマークがあることに気付きました。

調べてみると、留守の時間帯や家族構成、年齢、性別など

その家に関する情報をマークで表示したかもしれないとのこと。

急いでその不審なマークを写真に撮ったあとに消して、表札も外しました。

一時期、家を留守にすることが多く、

仕事や趣味等を優先して、家を大切にしていなかったことに気づかされました。

それからは家族が不在の時間はなるべく家にいるようにしました。

外が暗くなっても携帯をいじって電気を点けないことも多かったのですが、

それからは薄暗いと思ったら、

すぐに電気を点けて在宅アピールするようになりました。